2015年の物欲その14「Pebble Time」レビューその3(購入して2週間ぐらい)。ヘルス機能と「Get Back To」アプリ

カテゴリー:商品購入レビュー(記事数:184)



↑B


2016.01.04

2015年の物欲その14「Pebble Time」レビューその3(購入して2週間ぐらい)。ヘルス機能と「Get Back To」アプリ

いやぁ、マジでいいものだ。みんな買うといいよー。
下記の写真はくっきり液晶に見えますが、「反射液晶」なので通常の液晶とは異なり、明るい場所でほど綺麗に画面が見えて、暗い場所ほど画面が見えにくくなります(ボタンを押してバックライトを点灯する事も可能)

↓現在のウォッチフェイス

↓万歩計機能(年末年始はデブ防止に1日おきに走っていました)細いバーは前の週です。

↓睡眠時間。なぜか右肩あがりw。細いバーは前の週です。


↓「Get Back To」ってアプリ。時計のみの操作で利用するアプリです。スマホのGPS情報を利用して。時計のボタンを押して「この場所」って指定すると、記録した場所までの方角と距離を指定します。




ほかにRuntasticというランニングアプリを使って走っている時は、距離、速度、時間が時計に表示されます。なぜかランニング中にバックライトが点灯しっぱなしになって夜間のランニング時に交通安全に良い感じなんだけど電池が無くなりそう。

いや〜、いいものだ。やはりバッテリーが長持ちするPebble Timeを選んで正解だったと思います。現在週に1回弱充電中。

Category:商品購入レビュー

 Keyword:GPS/156 アプリ/718 Pebble/111



コメント

いいっすね!=1
001 [01.04 21:36]初代からのpebble使い:NavMeって日本じゃインスコ・・・・、あ!管理人さん偽装して入れましたなw自分もtimeかったけど初代よりボタンがちと押しにくいかな。視認性はレビュー通りでNATOのベルト付ければ初代もありだと思う。何より安いしpebble知らない人は是非!
002 [01.04 22:52]ふぇちゅいん(パパパパ) TW★57:ん?特殊な事は何もしてないぞ
003 [01.04 22:53]ふぇちゅいん(パパパパ) TW★57:説明文間違えました。紹介してるのはGet Back toってアプリだね。Nav meはうまく動作しないみたい。
004 [01.04 23:36]初代からのpebble使い:なるほどそうでしたか。Nav meはIP偽装したりすれば入れれるとか何とか。Navmeの方が未来ガジェットwっぽくて面白そうだけど実際あんまり使わなさそうなんで試してないな。tasker使えるならpebbletaskerがおすすめ。pebbleでできることが広がりまくりんぐw
005 [01.05 13:24]匿名@UQ:今年いっぱい持つかな・・・スマートウォッチ。 スマホが定番になって腕時計の需要は殆ど無いし、小さい画面で得られる情報は大したことないからね。
006 [01.05 13:44]*005:それが普通の考え方だし事実そうなっていくと思うんだけど、それでもスマートウォッチを使うとしたらっていう解答の最善の一つがpebbleのコンセプトだとおもう。得るのは情報じゃなくて安心みたいなかんじかな?ただそんなpebbleも、まだまだ「健康グッズ」的な付加価値が無くなると途端に価値を見いだせなくなる人が多くなる端末ってイメージ。健康アプリも便利なんだけどさ
007 [01.05 14:38]ふぇちゅいん(パパパパ) TW★57:いやいや、スマートウォッチは普及していくと思うな。時計=スマートウォッチになっていく。スマホのnotificationを通知してくれるだけでも意味がある。スマホを開く回数が1/2以下になるよ。
008 [01.05 15:23]@OCN:できれば電話機能内蔵のスマートウオッチが普及してほしい。それでテザリングできれば尚可。
009 [01.05 16:38]それでもpebbleが好き:確かに通知は便利だけど、一般人がスマートウォッチのその他の機能にどういう価値を見出すかが考えられないな。腕時計がスマートウォッチになっていくというより、世の腕時計が通知機能付きなっていくって感じじゃないかな? (1)
010 [01.05 20:20]大蒜@Biglobe:そして、嫁にGPS捕捉される罠



名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:商品購入レビュー(記事数:184)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

GPS
Pebble
アプリ