2017年の物欲その9:貝沼産業のシリコンチューブ100メートル分、しかしちょっと騙された。

カテゴリー:商品購入レビュー(記事数:184)



↑B


2017.03.01

2017年の物欲その9:貝沼産業のシリコンチューブ100メートル分、しかしちょっと騙された。



現在、自宅(屋上、2階のバルコニー、庭含め)の自動水やり装置を構築中です。水の供給原は屋上で庭の端まで15mぐらい。100mぐらい欲しかったので安いチューブを探していました。

ホワイトとブラックの2種類の製品があります。水槽のエアポンプとかを接続する時に使われる太さのチューブです。100メートルで3400円と非常に安い。


しかし、「シリコン製」ではなく、「シリコンタイプ」でしたorz。触感はシリコンそっくりのふわふわですが、材質は塩化ビニルとのこと。


屋外でどれぐらい耐久性あるかなぁ・・・・・。塩ビは耐候性に優れた素材だと思うけどシリコンと比べてどうなんだろう?3年持てば許せるかな。

Category:商品購入レビュー

 Keyword:orz/229



コメント

いいっすね!=1
001 [03.01 20:57]りうかver八戸人★1@Au:水槽用のエアチューブはいろんな賞品、素材を使い倒してきたけれど、使用していて硬化しない素材には出会ったことがない。屋外ではやはり紫外線ですぐに硬化する。でも自然には滅多に穴が空くものでもないから、水漏れは心配しなくてもいいのではないかと。子供やネコがかじらない限りは。
002 [03.01 21:27]j:これだけの長さと高低差だと、圧損とか揚程を考えてポンプとか経路とか考えないとちゃんと水やれなさそう。でもDIYでそういう設計するの楽しそう
003 [03.01 23:49]123@Biglobe:団子虫が頭突っ込んで良く自殺すんだよなw
004 [03.02 07:20]買ったからには使わんと@Dion:シリコンだとこの値段では買えないね。このチューブの内側に更に細いシリコンチューブを通して使ったら紫外線は防げるね。 (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:商品購入レビュー(記事数:184)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

orz