市と観光協会の不仲により中止になった今年の鎌倉花火大会がクラウドファンディングの力で復活。その経緯は複雑

カテゴリー:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦(記事数:1143)



↑B


2017.05.17

市と観光協会の不仲により中止になった今年の鎌倉花火大会がクラウドファンディングの力で復活。その経緯は複雑

いっけん美談だが、経緯は複雑。

鎌倉花火大会を実質運営していた「鎌倉市観光協会」が色々不透明で市は助成金支給停止

「鎌倉市観光協会」が鎌倉花火大会実行委員会から退会を発表、花火大会は開催困難に

市民が立ち上がり暫定実行団体「(仮)鎌倉を愛するものがつくる花火大会実行委員会」の元に開催発表

「NPO法人マチット」というのがクラウドファンディングで資金調達開始、集めた資金は「(仮)・・・・」に責任を持って渡すと明記

という流れ

あ、このNPO法人はクラウドファンディングが実施されている鎌倉限定クラウドファンディングサイト「iikuni」の運営母体だ↓
鎌倉市長のコメントが聞きたいね、公式ページもFacebookもTwitterもあり↓
あ〜、暫定団体の発起人に鳩サブレ社長が入ってる↓

Category:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦

 Keyword:花火/50 Facebook/154



コメント

いいっすね!
001 [05.18 03:34]Asya@Dion:こんな状況で世界遺産登録できると思ってるんだろうか...
002 [05.18 14:49]ふぇちゅいん(管理人) TW★62:世界遺産は知らんが、今回の流れは、自治体と、商業団体と、市民の関係がきちんとワークしているように見えて俺的には好印象だな

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦(記事数:1143)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

花火
Facebook