ドコモが2020年に下り最大10Gbpsを目指す5G技術紹介

カテゴリー:情報通信(記事数:695)



↑B


2013.10.04

ドコモが2020年に下り最大10Gbpsを目指す5G技術紹介

現在のLTEは20MHz幅で通信速度150Mbps通信ですが、5Gでは1000MHz幅で10000Mbps通信を目指すそうです。周波数帯は20GHz付近を計画。この周波数帯は障害物に非常に弱いため、マイクロセルネットワークを構築する必要があるそうです。

バンド幅あたりのデータ密度があまり上がっていないけどもう理論的に限界?

Category:情報通信



コメント

いいっすね!
001 [10.04 18:00]ななしくん@OCN:どうせ「理論上の最大通信速度」だし期待してない。現在のLTEを改善して、ユーザー多数でも高速移動でも速度低下がないようにしてほしい。
002 [10.04 19:19]^^:安定して安価に常時5〜10Mbpsくらいで十分です。
003 [10.04 21:11]匿名:今や、下り100M超えの時代に下り200Kbpsを月945円でやりくりしてますけど特に不満がないのはすべてPHSを10年使い続けてきたお陰です。将来、10Gになった時に自分は1Mを月945円で感動できると思う。
004 [10.05 00:31]@Dti:これ、ほんとにエンドユーザーにまで下りてくるのかなあ。ポスト4Gはバックボーンに、かと思ったんだけど。 >>001 ドコモにはドコモの事情があるので…クアッドバンドとか言い出してるけど今度は端末がねえ。
005 [10.05 10:10]r@InfoWeb:そんなことより、7GBの上限をもっと上げてくれよ。せめて15GBは欲しい。
006 [10.05 12:34]ふぇちゅいんさんふぁん(もふもふ)★54:昔のPHSユーザーなら128kbpsで十分とか言ってたのにね。昔はアプリのインストールは、いったんダウンロードを仕掛けておいて後でインストールをするものだったけど、今は使いたいと思ったらノンストップだからね。従来からあったものの使い方も変わった。
007 [10.05 16:41]ふぇちゅいん(イク麺) TW★48:遅いけど、PHS回線でAndroid運用難の不自由も無いってのはある意味PHSを見直したなぁ
008 [10.05 21:26]酔もぐら★34:早くなっても帯域制限ですぐに使えなくなるな
010 [10.06 08:40]:速くして制限解除増量料金のビジネスモデルですね!ー
011 [10.06 08:41]:速くして制限解除増量料金のビジネスモデルですね!ー


012 [10.06 12:28]@Dti:インターネット自体が従量制だから、エンドユーザー向けのトラフィックが増えるとプロバイダ(この場合は携帯キャリア)が吸収しきれなくなる。無線部分の資源も有限だし。以前のような容量超過で月末まで低速、よりチケット式の制限解除のほうが好ましいと思うけど。
013 [10.06 14:41]r@InfoWeb:PHS以上に基地局を多数配置するんだろうね。
014 [10.07 15:27].:5Gはソフトバンク有利って話?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:情報通信(記事数:695)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る