アマゾンの自費出版サービスで単行本を売るプロ漫画家、じわじわと増加中

カテゴリー:タブレットPC・電子書籍VIEW(記事数:52)



↑B


2013.03.15

アマゾンの自費出版サービスで単行本を売るプロ漫画家、じわじわと増加中


KDP(Kindleダイレクト出版)を利用して出版を始めたプロ漫画家リストが公開されています。まだまだ少ないです。
KDPでは漫画家に販売価格の35%のロイヤリティーが入ります。また70%ロイヤリティーー配信コスト(1MB=1円)も選択出来ます(本の最低価格250円)。

Category:タブレットPC・電子書籍VIEW



コメント

いいっすね!
001 [03.15 12:30]集金マシン@Prin:日本のカネがアメリカに吸われていく
002 [03.15 12:31]匿名:結局宣伝をどうするかが問題。ネットが発達した分、発信は簡単にはなったが、目立てるかどうかは全くの未知数というか難しい。これを肩代わりしてくれる会社ができるのかなー
003 [03.15 14:56].:読みたい人が一人もいないと言う
004 [03.15 15:12]>>001:あんたの金じゃないだろう。日本の金が〜等と言って無関係の所まで口突っ込んでくんなよ。嫌なら買わなければいいだけだしな。
005 [03.15 17:57]s.c.magi@Ucom:印刷本だって、製紙原料は輸入してるでしょがw
006 [03.15 20:24]@InfoWeb:>>003 著者買いせずに、色々試してみる方が良いと思うよ。同人系は安いし。
007 [03.15 20:47]@OCN:本だとマイナーな漫画家はすぐプレミア価格になるからこれはいいかも
008 [03.16 12:04]つか@Plala:>>001もアメリカ向けに執筆、出版すれば外貨稼げるんじゃね?
009 [03.17 13:58]匿名さん@Biglobe:>>001が外貨稼いでも日本のカネがアメリカに吸われていく事には何の影響もないけどね

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:タブレットPC・電子書籍VIEW(記事数:52)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る