ウィルコム、災害・緊急時向け端末「防災だフォン」。月額基本料ゼロ円。乾電池駆動

カテゴリー:ウィルコム#willcom(記事数:654)



↑B


2012.03.06

ウィルコム、災害・緊急時向け端末「防災だフォン」。月額基本料ゼロ円。乾電池駆動

本体35800円だけど、通話しなければ月額ゼロ円。
通話料金は標準コースの価格だそうです。残念ながら法人向けのみ。

Category:ウィルコム#willcom



コメント

いいっすね!=3
001 [03.06 20:08]@Dti:こういう端末って長期間販売するんだしモデルチェンジもほとんどないのだから新端末を開発すればよかったのではないだろうか?明らかに売れない端末の流用
002 [03.06 20:10]次に@Excite:大災害が起きるときには既にキャリアがなかった なんてことになりそうな、、、
003 [03.06 20:58]ポコ★243:やっと日本無線来たか
004 [03.06 20:58]ポコ★243:ということは04Kもそろそろ
005 [03.06 21:15]とくめい★27:「防災だフォン(TWX01NX-DE)はネットインデックス製
006 [03.06 21:23]@Dti:一般向けも販売すれば良いのにね。
007 [03.06 21:36]t@Dion:なんかエイプリルフールで出てきそうなネーミングだなw
008 [03.06 21:48]とくめい★27:大災害が起きるときには付属の単4アルカリ電池が液もれしてすぐ使えなかったことになりそうな・・・
009 [03.06 22:20]愛知県民@OCN:値段たっけーwww
010 [03.06 22:34]災害用なら:単三でよかったのでは


011 [03.06 22:54]@Dti:確かに単4ってあんまり売っていないからね。
012 [03.06 23:06]@Dti:こっちの方がいいな〜http://wired.jp/2012/01/19/spare-one-pho....
013 [03.06 23:12]とくめい★27:わざわざ災害用のために携帯電話を買う必要があるのか?
014 [03.06 23:23]ホワイトバード@OCN:会社でこれを導入しても社員が携帯だと結局安否確認できないよ って気づかれる前に売り切らないとね^^;
015 [03.07 00:14]でも@Dion:端末が電池駆動しても、アンテナ局の電源が切れてると役に立たないんだぜ…昨年の震災時に於いても数日使えませんでしたヨ。
016 [03.07 00:32]つか@NetHine:これちょっと欲しい。
017 [03.07 00:56]@EM:役所とかに大量に売りつける感じかね
018 [03.07 01:38]@Biglobe:ここは単三を単四に変換するスペーサの登場だっ!!←
019 [03.07 05:10]むむ@Plala:手回しの発電機+充電池内蔵ならいいと思う
020 [03.07 10:09]★35:家電話とセットで役所に売りつけだろ。

021 [03.07 11:21]y@OCN:>008 eneloopなら液漏れしないからそっち方がいいかも。 >014 これもって屋外に避難。避難先で携帯不通。これなら固定電話(自宅や他の地域の組織)に連絡取れるということがあると思う。3.11の時も都内で1回目の揺れが収まってすぐに建物の外に逃げ出したけど、通じたのはPHSだけだった。PHSで家族や他のところに電話しましたから。
022 [03.07 21:02]nanashi@OCN:ぼったくり
023 [03.07 22:57]@Hiho:定価販売しかないか。法人向けだし。ぶっちゃけ手回し携帯充電器機能付きラジオがあれば、要らないよねw (1)
024 [03.07 23:15]匿名@NetHine:災害時にたとえ端末が動いたとしてもアンテナが逝かれてたら意味がない
025 [03.08 16:29]ben★2:たらればだったら何だってダメだよね。 (1)
026 [03.08 23:43]@NetHine:災害時限定、的に売るのはどうかと思うが、東京近郊なら、電気・通信がすべてダメになる確率よりは、ケータイが輻輳して使えなくなる確率の方がよっぽど高いから、有用だと思う。地方でアンテナ少ない所は、ちょっと厳しいかも。 (1)
027 [03.09 19:13]液漏れ:とかいつの時代の乾電池の話ですかw同梱されてる東芝電池は5年保証付きらしいよ。
028 [03.14 17:51]らら:完全ITX化完了なのに距離料金制のプランを新設するとは。料金算出の根拠なくなるのにね。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:ウィルコム#willcom(記事数:654)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る