子どもが「弱視」は早期発見・治療用メガネ装着で改善する。

カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:1233)



↑B


2021.07.21

子どもが「弱視」は早期発見・治療用メガネ装着で改善する。

これは知らなかったな。「ピントの合った正しい像を脳に送ること」が重要らしい。どういう事?脳内の画像処理の発達の問題?????

うちの地方自治体も親に検査させる適当方式だったんだよね。うちの子は二人とも余裕で見えてたので問題無いとは思うけど、中には「0.8あるけど強い遠視で、若いから無理やりピント合わせらえる」とかあるらしい。

Category:ビジネス・教育・ライフハック



コメント

いいっすね!=6
001 [07/21 18:41]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★86:寝るときの常夜灯もよくない説ある。真意は知らん。 (1)
002 [07/21 21:43]ぽち:娘が斜視で、3歳から眼鏡で矯正、でも内斜視の手術2回(目の筋肉は4本あるから最大4回まで手術できる)でも、弱視というか遠視で矯正眼鏡15歳まで掛けてましたね。眼鏡かけないほうが視力が出るけど、目の位置を強制的に眼鏡で矯正(手術後なので再度の内斜視にさせないため)今は眼鏡なしで生活しています。 (4)
003 [07/22 03:32]おおおおお:俺は弱視遠視乱視で幼稚園から高校生卒業まで掛けてたな。そこから無くても大丈夫。最近はスマホで目がつかれるが。中学位で遠視のみになった。子供医療センターって有名どころで目の治療検査毎年行ってたわ。
004 [07/23 15:32]unknown@YahooBB:オレも12歳まで国立小児病院(当時)に通ったな。何度もおうちに兎を入れたものだ。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:1233)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る