次世代スパコン「富岳」の第一筐体が理研に向けて出荷、「京」とのスペック差がスゴイ

カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:587)



↑B


2019.12.04

次世代スパコン「富岳」の第一筐体が理研に向けて出荷、「京」とのスペック差がスゴイ

プロセスルールが45nm→7nmとのこと。CPUのピーク性能は0.1TFLOPS→3TFLOPS、コア数が8→48+4(OS用)

Category:科学・技術・研究



コメント

いいっすね!=10
001 [12.04 22:33]一応@BM:「7nmの半導体」に7nmの箇所はどこにもなかった https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57.... (2)
002 [12.05 00:00]すきやき★56:iPhone4無茶苦茶凄かったのになんで廃棄するんだ?→iPhone11ぱねえっす みたいなもんだろうか。 (2)
003 [12.05 01:26]Sweet‘★1@NetHine:運用に掛かる費用や電力とパフォーマンス、ハードウェアの寿命等考えると、一線を退いての運用や民間・大学等への払い下げは効率悪いんでしょうかねぇ。国外への輸出も出来ないでしょうし。 (2)
004 [12.05 08:50]ふぇちゅいん(管理人) TW★73:>>002素晴らしいたとえ! (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:587)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る