昨年「ふるさと納税」した分の残りが住民税できちんと戻ってきているのを確認!

カテゴリー:お金・マネー・不動産(記事数:957)



↑B


2019.07.09

昨年「ふるさと納税」した分の残りが住民税できちんと戻ってきているのを確認!

昨年15万円のふるさと納税をしました。(10万円で日本旅行券5万円ゲット)+(5万円で2万円分のいきなりステーキ肉券ゲット)。手数料の2000円をひいて148000円が税金から戻ってくること期待してました。3月の確定申告時に3万円ほど還付されたのを確認、残りの12万円は住民税から月割りで6月から戻ってくるとのこと。

そして6月の給与明細で住民税の額を確認してみたのですが5月→6月で8900円住民税が安くなってました。年間で8900円×12=106800円戻ってくる計算。

昨年も2万円ふるさと納税しており所得税で3700円戻ってきていたので、昨年の段階で住民税から年間14300円(月間1200円)が控除されていたはず。

すなわち106800円+14300円=12万円で、予定額が全てキャッシュバックされているようです。
ふむ。昨年は育休のツマを配偶者控除に入れたりもした状態で全額キャッシュバックされているということは15万円のふるさと納税は問題無いようです。ことしは年間17万円ぐらい逝ってみるか!

今年は今のところオムツに8万円ぐらい使ったところ。還元率は25%切るぐらいなので、17万円分オムツにふるさと納税したとして4万円お得ぐらいな感じ。お得感少ないなー
非常に高額納税させられていると感じているので地元自治体に申し訳ないとかは全く思わないな。

Category:お金・マネー・不動産



コメント

いいっすね!=40
001 [07.09 14:54]umomo★2:ふるさと納税って一見すると自分はずいぶんと儲かっているように感じるかもしれないけど、それだけ居住地の行政サービスが低下してもいいよっていう仕組みだよね。少なくても返礼品は禁止にすべきだよな。 (8)
002 [07.09 16:54]ふるさと納税:昨年の寄付に対する控除の確認をするのに、一昨年の寄付に対する控除を足して納得してるのは何故です?住民税納付額通知書見ればちゃんと確認できますよ。 (13)
003 [07.09 17:03]ふるさと納税:あぁ、失礼しました。昨年も引かれてる分も足せば、デフォルトより12万控除ということですね。 (6)
004 [07.09 20:23]@Dion:>>001まずサービスが減ると言ってももともと管理人レベルだと所得制限でろくに受けられないからね。だいたい寄付額に上限があるのでサービスはそこまで低下しないんだが。 (4)
005 [07.09 22:15]ふぁ★1:ふるさと納税を駆使して節税するのは当然の権利。住んでいる自治体がヤバくなったら他の自治体へ移るために良さげなところの不動産を買うだけだっ!これでまたも節税。究極を言えば税の安い国に一時的に住みたいけど。笑 (1)
006 [07.10 06:59]まもりん@OCN:15万円もふるさと納税できるなんてめちゃ年収良いですね!!およそ1000万円ってとこですか?
007 [07.10 11:27]@OCN:子供関係は特に所得制限が付いて回るね。児童手当、医療費補助、幼稚園保育園補助など。そりゃふるさと納税ぐらいしたくなるわ。 (3)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:お金・マネー・不動産(記事数:957)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る