ロシア、同位体元素ニッケル63を使った従来原子力電池10倍の3.3Wh/g発電可能な新型原子力電池を開発。半減期100年

カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)



↑B


2018.06.09

ロシア、同位体元素ニッケル63を使った従来原子力電池10倍の3.3Wh/g発電可能な新型原子力電池を開発。半減期100年

日本語翻訳はワケわからんし、原文もちょっと情報不足だけど、総発電量が3.3Wh/gってこと?総発電量で表されてもなぁ。

これ、医薬品のpharmacokineticsの知識が転用出来るな
K=ln2/半減期(100年)
AUC(3.3Wh)=Vd/Cl*初期発電量(Cp(0))
Vd/Cl=1/K
ゆえに
新品時の発電量=3.3Wh*K=3.3Wh*0.693/(100*365*24)
=0.0026mW/g。う〜ん、スマホを動かすのは夢のまた夢って感じか。

Category:電力・エネルギー



コメント

いいっすね!=3

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る