3Dプリンターが一般化の流れ、HPがプロ向けを1万5千ドル以下で発売予定(nikkei) ハードウェア

2010/01/21
3Dプリンターが一般化の流れ、HPがプロ向けを1万5千ドル以下で発売予定(nikkei)ハードウェア(178)】

■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=4
001 [01/21 19:24]なし@PLALA:3Dプリンターが一般に普及したら可動部分の無いフィギュアはどうなるんだろな・・・ (1)
002 [01/21 20:51] @OCN:それでも色塗りが残ってるのでは。 (1)
003 [01/21 20:52] @OCN:端末のボタンを自分で設計して、押しやすいのに交換したりできると良いな。 (1)
004 [01/21 22:55]@EM:もう、カラーの3Dプリンタもあるからな
005 [01/22 02:15]★26:ALPSのMDプリンタつかって、模型用の立体的なデカールを製作する記事があったな。おんなじとこを繰り返し繰り返し印刷して、厚みをもたせるっていう途方もなくぜいたくな手法。MDも廃番になったから在庫切れとともに失われた技術になるのか。
006 [01/23 02:55]とっくめい★8:ALPSのヤツ、知った時にはすでに生産中止だったんだょなぁ…インクジェット対応デカール作成用シートもあるけど、白い文字のコーションマークとか、下地用白抜きデカールとかは作れないからなぁ…再販しないかなぁ…ニッチすぎてダメか?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:DIY・パソコン本体・周辺機器(記事数:574)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る