NHK受信規約の変更が認可、引っ越し時にNHKが勝手に転居先を調べて受信契約を継続出来るように

カテゴリー:テレビ・動画配信(記事数:567)



↑B


2012.06.19

NHK受信規約の変更が認可、引っ越し時にNHKが勝手に転居先を調べて受信契約を継続出来るように

もう税金で運営しろよw。怖いよ。

Category:テレビ・動画配信



コメント

いいっすね!
001 [06.19 10:59]:税金での運営と放送事業の特化で。制作は民営化して放映時間を切り売りしろ。
002 [06.19 12:20]よしくん:勝手に転居先調べられるって怖い!!何としても楽してお金得たいのですね?
003 [06.19 12:27]受信料を払いたくなければ:解約したらいいじゃない。NHK受信料を巡る裁判の判決で、裁判官もそう言っていたのだし。後でNHKの人が本当にテレビが無いかの確認のため、自宅にやってくるかもしれないけど家に入らせなければいいだけだし。相手、自宅に入れないといけない様な事を言うかもしれないが、別に強制じゃないので惑わされなければOKだし。そして断ってもしつこく居つづければ110番してもいいし。まあ、その気になれば手段はいくらでも。普通はそこまでするのは珍しいけど。
004 [06.19 12:29]匿名:いやなら、解約しろ、再契約するな。これでいい。
005 [06.19 12:44]GQC@Ucom:テレビはもってないんだけど、最近はAndroidに抱き合わせしてくるから質が悪い。まあ屋内では映らないんだが
006 [06.19 13:11]PH35S@YahooBB:昔、引っ越したら引越し先にどう調べたか来ましたよNHK。ただ、最近は民放よりも面白い番組も多いので、支払った分は元を取ってる感じですね。
007 [06.19 13:18]母子家庭@Prin:NHK職員がDV加害者とかストーカーだった場合の対策はあるのでしょうか
008 [06.19 13:51]前に@Ucom:消費税(0.5%相当)で運営出来るからそうしたらいいのに〜って某所で書いた事があるんだけど、税金となると監査の目が厳しくなるから嫌なんだって書かれた事がある。自分は税金での公平な運営に賛成です。
009 [06.19 14:48]JP★1@InfoWeb:個人情報を勝手に手に入れるってことだよね。たしかに税金で運営すればいいのに。民放みたくCM枠作って、政府なり自治体のCM入れればいいのにね。NPOだっていいじゃん?寄付頂戴とかさ。PH35Sさんの言うとおり、民放よりも面白い番組多いよね。ニュースも地震関連は放送中止して専門放送に切り替わるなど信頼性もあるし。ラジオも面白いしね。
010 [06.19 16:17]ニコン使い@Biglobe:勝手に電波垂れ流しておいてふざけんな。あ、どうせ金取るならNHKを受信できないテレビをNHKが売ればいいじゃない。えらい高額になりそうだけど、普通のテレビの倍くらいなら買うぞw


011 [06.19 18:49]七資産@YahooBB:ストーカー企業。見てない奴には電波利用料払え!
012 [06.19 19:06]KK@YourNet:それより値段下げてくれ。災害時や緊急時の放送が存在意義だというのなら、馬鹿みたいに金をかけた大河ドラマのようなコンテンツは必要ない。金をかけた娯楽コンテンツはBSのみで放映して、地上波は月額300〜500円程度まで落とすべき。そうすれば、ちゃんと払う人も増える。
013 [06.19 21:28]ホワイトバード@OCN:こう言う押し売りって何かの法律に引っかかるんじゃなかったっけ?^^;
014 [06.19 23:32]nullpo:もう税金でもいいよ。でも控除対象にしてね。
015 [06.20 02:05]唄う電車(BuyJAPANESE!)★34:協同組合にして、政府与党の関与を排除すべき!現状では、税金を投入していないにもかかわらず、NHKの予算・決算・経営委員は国会の承認が必要。
016 [06.20 14:43]@Hiho:私の所は、地デジ化ならず・・・集金人が来たので、「チューナーでももらえるんですか?」って言ったら、逃げていきました。
017 [06.21 05:08]YA★41:ナナメ読みばかりするふぇちゅいんさんはリンク先の記事とニュースリリース(PDF)をちゃんと読んだ方がいい。ふぇちゅいんさん引越ししたことありますよね?NHKに限らず契約しているものについて住所変更の手続きを各所にしますよね。それをNHKの場合、届けでなくてもむこうでやってくれて変更したことを通知してくれるって話ですよ。知られなくても知らせるものなのに。契約者に対しての話なんだから嫌なら既に書かれているように解約すればいいだけの話。怖いとか大丈夫?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:テレビ・動画配信(記事数:567)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る