最近のテレビに搭載される解像度向上技術に関する記事

カテゴリー:テレビ・動画配信(記事数:567)



↑B


2011.04.12

最近のテレビに搭載される解像度向上技術に関する記事

  • シャープは高速応答性を高めた新技術「ハイスピードUV2A」、東芝の新エンジン「レグザエンジンCEVO」は5年ぶりのフルモデルチェンジ。ソニーは「X-Reality_PRO」
  • ソニーと東芝の技術は複数枚超解像というもの。昨年までのテレビに搭載されていた超解像処理は現在フレームの情報を元に処理、今回はさらに踏み込み、過去2フレーム、未来1フレーム、つまり4つのフレームを参照して1枚の情報量が増えた絵を創り出す。

Category:テレビ・動画配信



コメント

いいっすね!=4
001 [04.12 11:59]30代女子@Prin:わっ、カメラさん! こ、これ以上の寄ったらは許さないんだからねっ! (1)
002 [04.12 18:16]なんだかんだで★1@InfoWeb:芸能業界の要望で顔にピンスポットの白い光が当たる美肌処理の「女優さんモード」が搭載される日も来たりしてな(笑)。 (1)
003 [04.13 00:37]@Prin:普通にプラズマテレビじゃだめかな? (1)
004 [04.13 01:27]@Dti:女子を自動判断して目を大きくする機能
005 [04.13 11:54]原髪問題@Prin:薄毛を自動判別して不自然な帽子を乗せる機能。高速処理必須

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:テレビ・動画配信(記事数:567)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る