日本SF短篇史60年の集大成?

カテゴリー:エンターテイメント(記事数:103)



↑B


2020.07.17

日本SF短篇史60年の集大成?

「2010年代、世界で最もSFを愛した作家」と称された伴名練が、全身全霊で贈る傑作アンソロジー。とのこと。


これちょっと気になる。

Category:エンターテイメント



コメント

いいっすね!=1
001 [07.17 21:02]hoge@Plala:もうね、最近、まともなSFが生み出されてなくて、総集編出すしかないの。この分野。 (1)
002 [07.19 03:13]匿名@OCN:ほんとにね…
003 [07.19 12:37]ななしさそ★53:だって、せんすおぶわんだー、の世界(≒宇宙観測、物理)が一般人にもうついていけない世界なんですも。生物関連は現実が空想を追い越しているし、新型コロナウイルス騒ぎとか、穏やかなパンデミックは割と想像出来なかったし。
004 [07.20 02:35]@Enb:SF短編集ならNOVAという本が何冊か出てたね。
005 [07.20 09:17]MotoZ2User★1:「致死性が低くてステルス性の高いウイルスが一番ヤバイ」みたいな話はあっただろうけど、影響は地味だと思われていて創作には使いづらかったんだろうな。ここまで劇的な変化になるとは。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:エンターテイメント(記事数:103)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る