送りバントは統計上まったく「手堅く」無い

カテゴリー:スポーツ・2020年オリンピック(記事数:324)



↑B


2020.01.14

送りバントは統計上まったく「手堅く」無い

打率1割以下の選手にやらせる時のみ有効とのこと。

AIに片っ端から解析させて野手の守る位置とか対応可能なポイントを色々最適化したらそれなりに意味のある効果があがるのかね。

ところで今年あたりなら男性を自認する女子は今なら甲子園に出れるんじゃね?高野連も世論を敵に回さないだろw。野球大好き女子が甲子園に出たい一心で性同一障害のフリして高校生活を送るマンガはまだか?

Category:スポーツ・2020年オリンピック



コメント

いいっすね!=4
001 [01.14 23:32]匿名:男装して甲子園に出た漫画は既にあるんだが、性同一障害まで攻めたのはないな (1)
002 [01.15 14:55]甲子園まで行ってないけど@Biglobe:フェアプレイスは女子バレエンドで性同一性障害程重くはないが高野連の対応にいろいろ考えさせられる。短いからサクッと読めるぞ。女装して甲子園まで行ったのはなんて漫画? (1)
003 [01.15 17:35]Sweet‘★1:逆のパターンだが、川原泉の「メイプル戦記」では、女子のみで構成されたプロ野球チームに「心は女性」って事で男性ピッチャーが迎えられるエピソードがある。(本人は女性的な振る舞いこそするものの、肉体的な性に違和感を持ってはいないようなので、厳密には性同一障害として描かれていないんだが、まだその辺の違いが世間に認知されていない時代の漫画なので) (1)
004 [01.15 18:01]Sweet‘★1:まあ当たり前だけど「性同一障害のフリ」ってのが大衆向け表現物としてアウトだろうね。(表現の自由とかポリコレとかを論ずる気はないので絡まないでね) (1)
005 [01.15 20:01]:抜け道としては男子野球部の身体に女の子の精神が入れ替わってしまった系ならいけそうだな。
006 [01.15 23:56]はずし@OCN:これ長期のペナントと短期決戦を切り分けてないよな。期待値だけでなく、分散も加味したら短期決戦ではバントのほうがいいかもしれない・・・が、平均と分散のどちらにウェイトを置くかが恣意的な判断になるだろうな。平均、分散と勝率の関係を推計しようにも難しそうだ。
007 [01.16 11:52]>>006:それを言うならプロって時点で一般的な事例とすべきではないよね。負けたら終わりの学生野球のトーナメントと、優勝よりも個人記録やファンへのウケが求められるケースまであるプロ野球と同じで語るべきではないかと。
008 [01.17 14:35]はずし:007が何を言いたいかわからんな。この手の話題は、必ず数学以外の要素を入れてわけわからんこと言う奴がいるな。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:スポーツ・2020年オリンピック(記事数:324)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る