まるで新体操のリボン 太田雄貴と日本企業が共同開発したフェンシング視覚化システム公開、東京五輪採用を目指す

カテゴリー:スポーツ・2020年オリンピック(記事数:324)



↑B


2019.12.20

まるで新体操のリボン 太田雄貴と日本企業が共同開発したフェンシング視覚化システム公開、東京五輪採用を目指す

これ面白い!

テニスとか高速過ぎる球技とかも軌跡のAR表示追加しても良いかもしれん。
もー、マラソン選手の心拍数とかも画面上にARで吹き出し表示すれば良いんだよ。

今時はカメラ画像から心拍数分かるらしいし↓

Category:スポーツ・2020年オリンピック



コメント

いいっすね!=2
001 [12.21 03:11]この話@Excite:ちょうど相談役 島耕作でやってますね。
002 [12.21 19:37]:相撲に取り入れたら超相撲になってしまうなw https://twitter.com/hashtag/超相撲
003 [12.21 22:35]ななしさそ★51:超相撲って始祖は寺尾のどすこい大相撲??? w 移動中の心拍数表示は、相手選手の状態把握が異常に容易になって監督の作戦にフル活用されそうなので、リアルタイムは禁止にされそう。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:スポーツ・2020年オリンピック(記事数:324)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る