日産が世界最高効率エンジンを開発、20年量産 驚異の45%でトヨタ・マツダ超え

カテゴリー:車・乗り物・車載ガジェット(記事数:1129)



↑B


2019.06.21

日産が世界最高効率エンジンを開発、20年量産 驚異の45%でトヨタ・マツダ超え

現在の最高性能はトヨタのカムリに搭載されている熱効率41%のエンジン、一方マツダは2019年に搭載する新型機でスカイアクティブXとして熱効率43%のエンジンを採用するらしい。

日産はこれを超える熱効率45%のエンジンを2020年に投入とのこと。

Category:車・乗り物・車載ガジェット

 Keyword:トヨタ/110



コメント

いいっすね!=10
001 [06.21 13:38]MotoZ2User:とんでもない高効率だけど、こいつら発電用のエンジンか。発電だと理想的な状態のままずっと回せるから、そりゃ効率も良くなるって。ちなマツダはモーターが小さいから、エンジン側の変動もある程度見込んでるようだ。 (7)
002 [06.21 22:24]T-T:マツダもe-power方式でハイブリッド作ればいいんだ。
003 [06.22 02:27]b@OCN:えー。最高熱効率でしょ? 発電用とか関係無いと思うんだが
004 [06.22 10:23]hoge@EM:>>003 一定回転速度、一定負荷で回り続ける場合にのみ、メチャクチャ熱効率が良くなります、というガソリンエンジンの構造があって(アトキンソンサイクル)、本来の自動車のエンジン要件には全く合致しないんだが、発電機を一定回転速度、一定負荷で回すだけなら合致する、という下敷きの話かと。 (1)
005 [06.22 10:23]hoge@EM:ただし、船とかだと、エンジン6基くらい積んでおいて、速度応じて動かすエンジン数を調整するが、クルマだとエンジン1基しかないから、バッテリーと併用するものの、高速で走ることを考慮すると、エコな小型エンジンだと高速でバッテリーの電気使い切ったところで高速走行不能、それが嫌なら高速で走っても発電量が釣り合うだけの、デカくて燃費悪いエンジン積んどくしかないという罠。
006 [06.22 11:25]うし:ロータリーも発電目的なら復活可能か?
007 [06.22 17:14]b@OCN:最高熱効率で回せのと、最高熱効率を上げられるのはまた別の話だと思うんだが・・・
008 [06.22 22:56]SIVTAKE@Itcom:今日某所で聴いてきたが最高熱効率なんてその領域だけでは使えないのに求めても仕方ないとそれなりの有名な方が仰ってましたがね〜!
009 [06.24 12:59]どぅだろ@Biglobe:日産のシリーズハイブリッドは、バッテリーの劣化次第と言われているが、どうだろなぁ。あれだけ、ノート売ったから、真価が数年ででるとは思うが。リーフは、バッテリーの劣化で裁判沙汰になるくらいだったからなぁ。
010 [06.24 13:00]どぅだろ@Biglobe:日産のシリーズハイブリッドは、バッテリーの劣化次第と言われているが、どうだろなぁ。あれだけ、ノート売ったから、真価が数年ででるとは思うが。リーフは、バッテリーの劣化で裁判沙汰になるくらいだったからなぁ。



名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:車・乗り物・車載ガジェット(記事数:1129)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

トヨタ