マンガの実写化は原作者視点だと連載では絶対に得られない恩恵があるという話

カテゴリー:エンターテイメント(記事数:103)



↑B


2019.05.21

マンガの実写化は原作者視点だと連載では絶対に得られない恩恵があるという話

なるほどね。

Category:エンターテイメント



コメント

いいっすね!=3
001 [05.21 20:00]ごみ王@OCN:「のだめ」の作者の「天才ファミリーカンパニー」を実写ドラマ化した際に「あぶない放課後」に改題したときも恩恵あったかしらん (1)
002 [05.21 21:13]匿名さん@Au:遠回しに「原作とは別物なんで生暖かく見守ってね!」って言ってるんじゃないかな… (2)
003 [05.22 04:06]KK@OCN:結果クソ映画になったとしても、原作者叩かれることないし、逆に原作評価上がることもあるし、お金入るし、作品への執着が異常に強い人以外はそれほどダメージないよね。
004 [05.22 15:42]はすし@一般論として@YahooBB:日本の漫画家の主たる収入源は[単行本印税]。原稿料じゃ食えないから[如何に単行本を売るか]に主眼が置かれる。ちな最大手の[週間少年跳躍]誌に連載してた友人の年収は百万円台だったわ。www
005 [05.22 19:05]ごみ王@OCN:永野護の原稿料は1ページあたり30万円らしい、さすがニュータイプを完売させただけあるわ
006 [05.24 00:07]:映画だとそんなに広がるかなぁ、テレビならわかるけど。惨劇の巨人はひどかったなぁ。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:エンターテイメント(記事数:103)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る