6月24日まで開催、横浜美術館で「英国テートコレクション・ヌード展」。評判まとめ

カテゴリー:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦(記事数:1143)



↑B


2018.05.17

6月24日まで開催、横浜美術館で「英国テートコレクション・ヌード展」。評判まとめ

これ良さそうだね。間違いなくエロじゃなく芸術な感じ。

ところで日本の江戸時代の春画みたいなのの、海外版って無いんだろうか?

Category:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦



コメント

いいっすね!
001 [05.17 15:49]ごみ王@OCN:インドのミニアチュールで春画的なものがあったかと
002 [05.18 10:11]それ以外の何か:ヨーロッパ限定ですが、そもそも宗教的価値観のもとでヌードを表現すること自体がタブーだった筈。なので、住民を守るために裸で馬に乗って行進して見せた女王様など、これは裸を目的にしたものじゃないですよー、過去の偉人の史実を場面を表現したものですよー、みたいな言い訳が効く形でヌード絵画が描かれることが多かったようです(昔観たヴィクトリアン・ヌード展でそのように解説されてました)。なので、セックスそのものを描くような絵画は許されないし、あったとしてもアンダーグラウンドだったのでは?
003 [05.18 12:46]ごみ王@OCN:ヨーロッパだとギリシャの壷絵に春画的な要素があったかと
004 [05.18 20:06]:宗教的な戒律があるのよね、魔女が箒にまたがるのはクスリや「擦り付け自慰」の揶揄だったりとか。
005 [05.18 21:57]ごみ王@OCN:無くはないみたいなhttps://imgur.com/gallery/V7rvX

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦(記事数:1143)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る