頭の動きをトラッキングして映像を出力する低価格HMD「Oculus Rift」で楽しめるコンテンツ

カテゴリー:バーチャルリアリティー、HMD、Oculus Rift、3D認識技術(記事数:304)

 
 
 

2013.09.13

頭の動きをトラッキングして映像を出力する低価格HMD「Oculus Rift」で楽しめるコンテンツ

このHMD、Nexus7程度のパネルを2枚並べただけで、生じる光学的ゆがみはソフトウェア補正して歪んだ映像を表示するという仕組みで低価格を実現しているそうです。

本体には低遅延の6軸ジャイロ搭載で向いた方向の映像を表示可能。

PCやゲーム機からは単なるHDMI接続のモニターとして見えて、ジャイロの情報はUSBで戻す方式。ソフトで対応すればWindws用ソフトだけでなくPS3やXboxのソフトだって対応出来そう。

欲しくなってきた。本体たったの300ドル。今頼むと出荷は10月。日本への送料いくらかな?ここで輸入品売っている44800円。

Category:バーチャルリアリティー、HMD、Oculus Rift、3D認識技術



コメント

いいっすね!=4

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:バーチャルリアリティー、HMD、Oculus Rift、3D認識技術(記事数:304)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

Oculus