スパコン「富岳」で行なわれた研究がゴードン・ベル賞の最終候補に選出 ?水槽実験や風洞実験がシミュレーションで完全代替できる時代が到来

カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:579)

 
 
 

↑B


2020.11.13

スパコン「富岳」で行なわれた研究がゴードン・ベル賞の最終候補に選出 ?水槽実験や風洞実験がシミュレーションで完全代替できる時代が到来

なんか本技術の面白いデモンストレーション動画とか無いかな?

Category:科学・技術・研究



コメント

いいっすね!=2
001 [11/13 16:44]ふとまる@Dion:未だに水槽実験とか風洞実験には大規模な施設が必要だったから、それらが計算機上で賄えるようになるのは画期的だねえ。
002 [11/14 18:06]ななしさそ★54:JAXAもちょっと前(2年位)から、亜音速までならCFD(計算機風洞実験とでも言いましょうか)で出来る、と豪語し始めましたしね。計算機の上で細部を詰めた(それこそ遺伝的アルゴリズムとか適応して)モデルで徹底的に詰めて、最後風洞、というやり方には違いないんですけどね。ただ、自動車くらいなら部品全部付けて、それらの部品の微細な動きまで含めた風洞実験がコンピュータ上で出来るとかまでは行けそう。 (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:579)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る