AMDがついにリアルタイムレイトレーシング対応のRadeon RX6000シリーズ発表。579ドルから

カテゴリー:DIY・パソコン本体・周辺機器(記事数:573)



↑B


2020.10.29

AMDがついにリアルタイムレイトレーシング対応のRadeon RX6000シリーズ発表。579ドルから

RX6800とRX6800XTの2モデル。前者はGeForce 2080Ti以上で、後者はGeForce RTX3080と同等らしい。

う〜んグラボ初心者な俺が買うなら下記2製品?性能はどちらもGeForce 2080Tiと似たようなもの

NVIDIA GeForce RTX3070 AMD RX6800
消費電力220W250W
値段499ドル〜579ドル

う〜ん。GeForce RTX3070で良いかな?

RTX3070は本日夜10時に発売開始らしい。

Category:DIY・パソコン本体・周辺機器



コメント

いいっすね!=1
001 [10.29 22:20]ふとまる@Dion:3070はメモリが8Gなんで16Gの68001択でしょう。2080tiとの比較もメモリ不足を起こさない範囲での話です。
002 [10.29 23:04]Asya@Enb:nvidiaは今回チップ生産をサムスンにしたら爆熱爆電力になって正直買う気が起きない。なんかTSMCに切り替えるって噂もあるしそっちに移ったら3070もありかなぁ。
003 [10.30 12:55]Sweet‘★1@NetHine:レイトレーシングというと、今だに「市松模様の床、空中に浮いている原色の球や三角錐」なイメージ (1)
004 [10.30 15:07]ふぁ★1:ワイの好きなAMDなのに、件名に【Dadeon】とか書くのは許さん。笑
005 [10.30 18:24]M002@So-net:>>003 そして全てが輝いている!
006 [10.30 19:07]ふぇちゅいん(管理人) TW★76:>>004 失礼なおします。
007 [11.02 07:26]:これはモッチーの知見が求められる案件(´・ω・`)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:DIY・パソコン本体・周辺機器(記事数:573)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る