USB PD(Power Delivery)の充電器から9V・12V・15V・20Vを取り出して高出力電源としてDIYに使う方法

カテゴリー:DIY・パソコン本体・周辺機器(記事数:573)



↑B


2020.10.09

USB PD(Power Delivery)の充電器から9V・12V・15V・20Vを取り出して高出力電源としてDIYに使う方法

たとえば↓こういう20V/3.25A出せる小型充電器を電子工作に使えると色々と捗るなと思うんだけど、これまでと違い、+とーにつないでもダメなんだよねと思って調べてみました。


キーワードとして「トリガーデバイス」「トリガーケーブル」ってので検索すると良いみたい。

下記の440円の「USB PD トリガーデバイス PDC004シリーズ」「USB PD トリガーケーブル PDC003シリーズ」ってやつが使えそうです。

Amazonにも色々
下記のように電圧ごとにシンプルなケーブルが販売されている。

Category:DIY・パソコン本体・周辺機器

 Keyword:電子工作/20



コメント

いいっすね!=4
001 [10.09 20:06]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★83:PD警察が出てくるぞ〜。 (1)
002 [10.11 22:14]MotoZ2User★1@So-net:よし、出そうか。https://www.amazon.com/gp/customer-revie.... (2)
003 [10.11 22:17]MotoZ2User★1@So-net:要約すると「トリガーデバイスの後ろにある給電対象が15Vを期待していて、ACアダプタが5Vしか出力できない場合はヤバくね?」という話。そこさえケアできれば、12Vとか中々美味しいんだよね。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:DIY・パソコン本体・周辺機器(記事数:573)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

blog
電子工作