年間4万円安くなるらしいので新電力「あしたでんき」に申し込もうと思う。Amazonギフト5000円もらえるし

カテゴリー:お金・マネー・不動産(記事数:943)

 
 
 

↑B


2020.09.03

年間4万円安くなるらしいので新電力「あしたでんき」に申し込もうと思う。Amazonギフト5000円もらえるし



年4万円と聞くと無視出来ないぞ!しかも9月30日までに申し込めばAmazonギフト券5000円もらえるらしい。

Category:お金・マネー・不動産



コメント

いいっすね!=10
001 [09.03 14:19]M:東京電力が高すぎ。
002 [09.03 14:24]hoge:kakaku.comで相見積取ったかい?キャッシュバック含めて5年で23万円くらい安くなりそうだけど。
003 [09.03 14:52]@@Nuro:普通に賢い人間であれば、新電力が導入されて即、新電力に切り替えている。既存の電力会社に固執し、その電力料金を下げて欲しいとの発想で原発再開を望むここの連中は、紛れもないバカ。ならばさっさと新電力に移行しろ。
004 [09.03 15:03]ふぇちゅいん(管理人) TW★76:kakaku.comみた。色々あるんだなー。エルピオ電気がえらく安いんだけど、どうなんだろう?
005 [09.03 15:37]hoge:>>004 新電力が倒産しても東京電力がケツ拭いて電力供給され続ける仕様だから、遠慮なく怪しい安いところで行くンゴw
006 [09.03 15:42]ふぇちゅいん(管理人) TW★76:なる〜。停電時の復旧などハードウェア的には東京電力が責任を担っていて、電力会社ごとに停電からの復旧スピードが異なったりはしないって理解でOK?
007 [09.03 17:07]デブオ夕@OCN:あしたでんきの契約プランはどちらでしょうか?標準プラン or たっぷりプラン (3)
008 [09.03 17:57]Sweet‘★1@NetHine:その試算の推定電気代、高いと嘆いていた8月請求分*12よりも多いんですが計算大丈夫? 冬は更に使うとか?
009 [09.03 19:30]hoge@EM:>>006 配電網の維持は相変わらず東電の仕事だから、どこの新電力と契約してても停電復旧は東電がやる。新電力は発電した電気を送電網のどこかに投げ込み、各新電力と東電の電気は全部混ぜられて配電され、帳簿上で、管理人が使った○○ワットの電力は○○電力分です、ということになっとる。さらに、新電力が発電機ぶっ壊しても、最終的には配電業者(東電)が泥をかぶってどうにかする鬼仕様w
010 [09.03 19:38]hoge@EM:追記だが、発電する代わりに電気仕入れてくる新電力もあって(厳密には配電に加えて、発電と小売も分離されている)、そのへんだと、身軽なのと利幅が薄いぶん、潰れやすいw (3)


011 [09.03 23:17]@NetHine:関係ないけど、台風で九州の電力供給がえらいことになりそうだな〜。送電線切れまくって太陽光パネルが吹き飛ぶぞ。
012 [09.03 23:41]am@OCN:オール電化の深夜電力が最強だな新規廃止だけど (3)
013 [09.04 23:57]土木施工管理技士:料金趣味レーションで「月間100kw以下は割高になる」と書かれていて、自分は太陽光パネルがあるから60kwぐらいになる月もあるので割高だったので契約しない。
014 [09.05 00:05]土木施工管理技士:「原発再開を望む」のは当然だろ。火力発電の電力を使い続けるからこそ地球温暖化の結果、スーパー台風が被害を甚大化していく。千葉県のような3週間の停電で済めば良いが、さらに首都直下地震が起これば、2カ月の停電を覚悟すべき。私は原発再開を望む。発電時CO2を排出しないし、地方が潤うからだ。 (1)
015 [09.05 05:47]1234567890@Biglobe:うちは東京ガスでガス
016 [09.05 08:38]土木施工管理技士:>>009 その鬼仕様のソース紹介して?不利な契約を電力会社が契約しなければならない、なんて おかしい。俺が東電の社長なら、つっぱねる。送電しなければ困るのは新電力なんだから東電は有利な契約を新電力と結ぶはず。
017 [09.05 12:16]hoge@EM:>>016 「電気最終保障供給(約款)」 この条項を維持するために、新電力は配電業者(東電)にプレミアム載せた配電料金を払っているから、鬼仕様ではあるが、損でもない。
018 [09.05 17:13]ん?@Plala:今日の電気があした来るのか??

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:お金・マネー・不動産(記事数:943)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る