現行Liイオン2次電池超えの電池が台頭、2020年にLi-S系が実用化へ

カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)



↑B


2020.01.18

現行Liイオン2次電池超えの電池が台頭、2020年にLi-S系が実用化へ

今のリチウムイオンバッテリーは約270Wh/kg、700Wh/Lとのこと。
今年400Wh/kgのLi-S電池が出てくるけど充電サイクルは100回程度らしい。

なんか全然電池革命起きそうにないな、やはり水素か!?

Category:電力・エネルギー



コメント

いいっすね!
001 [01.18 22:33]ななしさそ★51:LiBが出る前、NiCdがNiMHになっただけで革命とか言っていたけどそれに10年かかっているんだから、20年で倍以上の容量になったLiBはなかなかの物ですわ。正極Si化で300Wh/kgまでは何とか行けるけど、その向こうは大変だとはおもう。とはいえサイクル寿命100とか、500Wh/kgでギリギリ正当化できるレベルだし、今のLiBの1/3位の値段で無いとやってられん。でも救急車ならぬ救急ドローンとかに使っても欲しい。1時間飛べれば使い道も生じるので。
002 [01.19 20:13]T-T:水素関連株を買いなされ
003 [01.20 23:10]F@Dion:リチウムイオンからリチウムイオウって打ち間違え見たいだなw

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る