JR東日本などが2021年に水素燃料電池電車の新しい試験車両作製。実用化への課題は何だ?

カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)



↑B


2019.11.01

JR東日本などが2021年に水素燃料電池電車の新しい試験車両作製。実用化への課題は何だ?

水素燃料電池も良いけど、線路に全部ソーラーパネル敷き詰めればよくね?
土地の無駄だろ

Category:電力・エネルギー



コメント

いいっすね!
001 [11.01 16:17]ななふし@InfoWeb:保線が大変…横には信号ケーブルとかもあるし…
002 [11.02 23:37]ななしさそ★50:要所に風車とフライホイール蓄電システムを置くのが鉄道だと良いと思います。ソーラーパネルを敷くべきは、高速道路ののり面でしょ。アレこそ面積の無駄遣い。
003 [11.03 20:42]T-T:むしろ鉄道に余剰電力を吸収してもらいたい
004 [11.04 00:54]土木施工管理技士:太陽光パネルよりも風力発電が適していると思うぞ。駅舎なら太陽光パネルだが線路沿いなら、それなりの風力発電が期待できる。トルコでは自動車の風力を使った風力発電がある。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る