シャープ、200V出力対応で、後から容量増やせる住宅用蓄電池システム。260万円で6.5kWh

カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)



↑B


2019.10.07

シャープ、200V出力対応で、後から容量増やせる住宅用蓄電池システム。260万円で6.5kWh

相変わらず高すぎだな。普段必要無い事を考えると100万でも高く感じちゃうな。50万なら備えても良いと感じる。

無償で10年間蓄電容量60%保証とのこと。ソーラーパネル設置していて、卒FITしちゃって自分で使う事を考えるとペイする感じの計算になるのかね?

Category:電力・エネルギー

 Keyword:ソーラーパネル/110 シャープ/117



コメント

いいっすね!=2
001 [10.08 00:50]土木施工管理技士:停電時の調理って、カセットコンロで充分じゃないか?安価だし備蓄出来るし。他のエネルギーで代替えできない照明や、情報入手に必要な機器(テレビやスマホ)に、必要な電力をソーラーパネルや蓄電池の備蓄で考えるべきでは?そうすれば、50万以下で備えられる。12V260A分のバッテリーなら、20万円で買える。 (1)
002 [10.08 05:51]774-1:やっぱり充電済み電池を持ってくるのがいいな。送電止めて運搬にする。ガスもボンベがいい。業界は改革が必要だけど。貯水も必要か。 (1)
003 [10.08 10:52]めたらびっと:プリウスPHVのコンセント付きを中古で買うかな。
004 [10.08 14:49]:テスラのpower wallってまだなのかな?もうPHEVのほうがよさそうだな
005 [10.09 00:06]ななしさそ★50:1KWhが10万、はあと10年位かかりますかね、日本の電機メーカー製ですと。自己責任ならそろそろ100万位で作れそうですが。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

シャープ
ソーラーパネル