スイスのスタートアップが揚力発電よりも低コストで実現できる「コンクリートバッテリー」

カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)



↑B


2018.08.22

スイスのスタートアップが揚力発電よりも低コストで実現できる「コンクリートバッテリー」

現在リチウムイオンバッテリーは1kwh=31000〜39000円、コンクリートバッテリーは17000円らしい。
ただ、リチウムイオンバッテリーは将来的に1kwh=1100円ぐらいまで安くなるかもとのこと

Category:電力・エネルギー

 Keyword:コンクリート/21



コメント

いいっすね!=1
001 [08.22 13:10]うーん@Ucom:コンクリート(で)発電ではなく、コンクリートバッテリー? ロープの耐久性とか維持費がどれくらいか知りたいな。
002 [08.22 13:47]うぎょ@Iij:高額なリチウムイオン電池とだけ比較して、NAS(ナトリウム硫黄)電池を比較対象に入れてないのは、意図的なのか?
003 [08.22 16:13]scmagi@OCN:NAS電池は日本が国策として推してるだけで、海外では既にオワコンだからでしょ。スイス人の眼中にない。
004 [08.22 21:15]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★74:ドラム缶に水を詰めれば水力発電、人を詰めれば人力発電だ!(違います)
005 [08.22 21:59]:フライホイールみたいな設備が要らなさそうなのが良いね。
006 [08.22 23:05]T-T:まさかこれが将来、軌道エレベーターの礎となるとは人類は思いもしなかったのである。
007 [08.23 11:13]匿名さん@Au:同じ大きさのタンク作ってポンプで水入れる方が効率良さそう。
008 [08.24 01:04]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★74:>>007 タンクやドラム缶だとすぐ満タンになっちゃうから、効率を上げるためにダムにしよう。発電設備も水力発電のものを流用できるぞ。あれ?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:311)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

コンクリート